1. ホーム
  2. > 医師会のご案内

医療関係者向け情報

活動レポート

ヘルシー名古屋

ドクター'sギャラリー

名古屋医師会急病センター

はち丸在宅支援センター

臨床試験ネットワーク

地域産業保健センター

名古屋医師会看護専門学校

名古屋市医師会協同組合

名古屋医師会のご案内

会長挨拶

名古屋医師会会長 服部 達哉

名古屋市医師会のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

名古屋市医師会は、市民の皆さまの健康を守り、安心して暮らせる安全な都市作りを目指して活動しています。感染拡大が続いている新型コロナウイルスを含めた感染症に対し、会員医療機関が役割を分担し、行政と連携して通常の医療体制に加え、新型コロナワクチン接種、罹患後症状への対応をおこなう等、「ウイズコロナ」「アフターコロナ」を見据えて全力で取り組んでおります。

東区葵にある名古屋市医師会館内には、急病センターを設置し、1年を通じて夜間・深夜・休日に診療をおこなっております。休日は、市内14ケ所の各区休日急病診療所、平日夜間は、東区の他、南・中川・守山区の3ケ所に平日夜間急病センターを設置し、一次救急医療施設としての機能を果たしております。

また、市民の健康維持増進、疾病予防へ向けた取り組みとして、予防接種事業、各種がん検診等の健診事業を実施しております。 最近、全国各地における地震発生の報道が増えており、南海トラフ地震への対策の必要性から、災害時の医療救護体制として、「名古屋市医師会災害医療救護指針」に基づき、行政と連携し、市内16区で地震災害時に医療救護所となる中学校での実地訓練を行い、非常時の体制整備を再確認する等、また、医薬品等の備蓄、連携病院との無線通信による体制整備等、減災・防災のための体制強化に努めております。万が一の災害時には、医師会館が対策本部となり、市内全区の公立中学校が医療救護所として機能する体制を整えております。

また、来るべき高齢化社会へ向けて、住み慣れた地域で自分らしい生活を最後まで続けることができるよう、「医療」「介護」「予防」「住まい」「生活支援」が一体的に提供される地域包括ケアシステムの重要性から、「はち丸在宅支援センター」の運営を通じて、情報共有システム「はち丸ネットワーク」を利用した、かかりつけ医による在宅医療の提供と、そのために必要となる多職種連携の推進を一層進めております。

名古屋市医師会では、引き続き市民の皆さまが安心して過ごせるよう、地域医療の充実に努めてまいります。今後のホームページの充実に向けて、ご意見、ご要望等をお寄せいただければ幸甚です。

令和4年7月1日 一般社団法人名古屋市医師会長 服部 達哉

名古屋市医師会概要

名古屋市医師会外観

名古屋市医師会外観

名称

一般社団法人 名古屋市医師会

会員数

約4,000名(名古屋市内の医師が任意入会)

医療機関数

約1,900施設

所在地

〒461-0004 愛知県名古屋市東区葵1-4-38

電話

052-937-7801(代表)

設立

昭和35年7月10日

関連施設・機関

交通アクセス

地下鉄東山線 新栄町駅下車、徒歩約5分

担当部署

総務課 庶務係