名古屋市医師会臨床試験ネットワーク支援センター

新しい薬が世の中に出るまでには、
製薬会社や大学等の研究機関での基礎研究から数えると、
10年以上もの長い時間が必要です。

その間「薬の候補」が「薬」となるためにたくさんの試験が実施されますが、
その最終評価段階として、
健常な人や患者さんの協力を得て
人での効果と安全性を調べる臨床試験が「治験」です。

「薬の候補」の非臨床試験と臨床試験(治験)のデータを国が審査し、
有効でかつ安全であると認められたものだけが「薬」として承認され
使用できるようになります。

現在医師の処方によって病気の治療に使われている薬も、
多くの方々のご協力による治験を経て誕生しました。

治験は新しい薬の誕生になくてはならないものなのです。

名古屋市医師会ではよりよい薬をよりはやく患者さんに届けられるようにするため、
治験事業に取り組んでいます。

みなさまに治験をご理解いただき、
新しい薬の誕生にご協力いただきたいと考えております。

「治験」を詳しく知りたい方は
以下のホームページにより詳しい説明がありますのでご覧ください。
  • 厚生労働省ホームページ「治験」とは
  • 日本医師会治験促進センター「くすりの誕生」
  • 日本製薬工業協会 「新薬のはなし」